生きた細胞を含む次世代の線維素材


 

上記の動画は心筋細胞を内包したファイバです。

三次元培養法が抱える問題を解決する新素材「細胞ファイバ」。細胞と細胞外マトリクス、ハイドロゲルから成る紐状の組織で、様々な特性を兼ね備えた「生きた細胞」を含む次世代の線維素材です。

ファイバの太さや中に封入する細胞の密度は精密に制御でき、細胞増殖によって組織が厚くなることもないため、長期に渡る組織の維持が可能です。